ヒアルロン酸で自然な肌質を再現|ダウンタイム期間が短い施術法

注射1本でシワをなくす

レディー

メスの要らない手軽な医療

近年、美容に関心の高い人たちの間でよく聞かれる言葉に「プチ整形」というものがあります。プチ整形とは美容皮膚科や美容外科といった美容医療を提供する医院・病院で行われている医療技術の一種です。従来の美容整形よりも簡単で手軽な手法を用いるのが特徴となっています。具体的にどの程度簡単なものをそのように呼ぶかということについては明確な基準はありません。ただ具体的な内容を見る限りでは、たとえば大がかりな医療機器を使用しないもの、あるいは外科手術であればメスを使わずに針や糸だけを使って施術するものなどが該当するとされています。中には薬剤を注射するだけで一定の美容効果を得るといったメニューも存在します。ごく簡単にまとめるなら、「切ったり焼いたりしない美容整形」と言うことができます。こうしたプチ整形は年々利用する人が増えてきています。その理由としては、第一に施術内容が簡単なものが多いため、本格的な美容整形よりも費用が割安だという点が挙げられます。第二の理由としては、切開などを伴わないため術後のダウンタイムが短く、日常生活への制限が軽くて済むという点が挙げられます。さらに第三の理由として、心理的な抵抗感の少なさを挙げることができます。顔にメスを入れられるのは怖いけれど、注射を1本打つだけなら大丈夫という人は少なくありません。一方、デメリットとしては効果が一時的なものが多く、しばらく経つと元に戻ってしまうという点が挙げられます。しかしこれは、見方を変えればメリットにもなります。なぜなら万が一施術が失敗した場合でもやり直しが比較的容易だからです。

ほうれい線にも効果あり

こうしたさまざまなメリットを持つプチ整形の中でも、手軽さと安全性の高さで人気を集めているのがヒアルロン酸注射です。ヒアルロン酸とはムコ多糖類と呼ばれる物質の一種で、アミノ酸と糖分という、人間の身体になじみやすい成分からできています。実際、ヒアルロン酸は人体のさまざまな場所に存在します。中でもたくさん集まっているのが、関節と肌です。関節にあっては軟骨成分として骨を動かす時の潤滑剤のような役割を果たしており、肌にあってはハリやうるおいを保つのに役立っています。こうした働きは、ヒアルロン酸の持つ優れた保水力によっています。一説によれば、1グラムのヒアルロン酸で約6リットルもの水を保持することができると言われています。そのためまるで水あめのようにやわらかく弾力性に富んでいるのです。ヒアルロン酸注射は、このような性質を持つヒアルロン酸を主として顔に注射し、ハリをもたせることを目的としています。具体的には、シワの解消に利用されます。シワは顔の筋肉が衰えるのと同時に、真皮層になる弾力成分であるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が加齢等を原因として減少することで生じます。ヒアルロン酸を注入すれば肌のハリを内側からよみがえらせ、シワを解消することができます。ヒアルロン酸注射はシワの解消のほか、ほうれい線を目立たなくしたい場合にも利用されます。頬をふっくらとさせることで口元との境目をゆるやかにし、いわゆる老け顔の改善に役立てることができます。